fbpx

ライカム店 平日の営業時間延長のご案内

2020年9月15日(火)から、howliveライカム店の平日の営業時間が延長となります。

従来
平日:9時~20時まで

変更後
平日:9時~21時まで

 

月額会員の方はもちろん、ドロップイン(一時利用)のお客様も平日は21時までご利用いただけます。

土日・祝日に関しては従来通り9時~20時までの営業時間とさせていただきます。

夜に集中して作業したい方や、仕事終わりに勉強できる場所をお探しの方にはアフター6プランがございます。

お気軽にお問合せください。

 


シェアオフィスhowliveのお問い合わせはこちら
TEL:098-894-8124 | メール:staff@howlive.jp

ライブラリエリアにはビジネス書やデザインブックを完備。企画や広報アイデアを練ったりするにもピッタリの空間

シェアオフィス・レンタルオフィスやバーチャルオフィスをご検討中ですか?howlive(ハウリブ)は沖縄県で多拠点(那覇市・北中城村)でコワーキングススペースを運営しています。シェアオフィス利用だけでなく、“働くこと”に関するあらゆる情報を発信しています。テレワーク・リモートワーク・在宅ワーク等を組み合わせた柔軟な働き方のご提案・サポートもさせていただきます!オフィス家具・オフィスレイアウト・オフィスリノベーション・コロナ対策のサテライトオフィス、BCP対策としてオフィス分散・オフィスコスト削減・ワーケーション・リゾートワーク・貸しオフィス・貸し会議室・短期間のオフィス利用・・・沖縄でのオフィス・働き方のことならhowliveにお任せください!

沖縄でワーケーションをする目的や方法について。実践者へインタビューしてみました!

皆さま「ワーケーション」という言葉をご存知ですか?

WORK(労働)×VACATION(休暇)を組み合わせた造語であり、新しい働き方(休み方)としてメディアに取り上げられることも増えました。

 

時間や場所にとらわれず働くテレワークが普及し、オンラインでの打ち合わせが増えオフィスを持たない会社もでてきています。レンタルオフィスのhowliveでもより柔軟な働き方を提案・サポートしていく中で、実際にワーケーションでhowliveをご利用されているお客様にインタビューをさせていただきました。

1ヵ月間ワーケーションでhowliveをご利用されている、株式会社エンタップ 代表取締役 松岡利昌さんに実際にワーケーションをしてみてどう感じているかお話を伺いました。

株式会社エンタップ|https://www.entap.co.jp/

 

代表取締役 松岡利昌さん 

 

事業内容

ウェブインテグレーション事業

ソフトウェア受託開発事業

パッケージソフトウェア事業

 

Q.今回どのようなきっかけでワーケーションを実施しようと思いましたか?

元々新宿に広めのオフィスを23名程度で使っていました。

 

コロナが流行する前から毎週水曜日はリモートワークデイとしてリモートワークを実施していました。

コロナが流行し始めた2月頃からフルリモート勤務に切り替え、4月からは社員の安全を考えて出社禁止にしました。全員自宅で仕事をするようになりオフィスは不要だと感じ、新宿のオフィスを解約をしました。

 

また弊社はアプリ開発の会社なので地域密着や顧客密着型の会社ではなく、リモートワークで日本中どこでも働けるんだよ!日本どこでもエンタップ!という考えを広めたいと考えています。そこで、まずは自分がワーケーションをしてみようという流れになりました。

Q.ではなぜワーケーション場所として沖縄に決めましたか?これからワーケーションにチャレンジする方の為にも宿泊場所やオフィスをどのように決めたか教えてください!

まずワーケーション先に沖縄を選んだのは…完全にイメージです!「沖縄!楽しそう!行ったことなかった!」というノリと飛行機が安くで取れたことが理由です。

 

住む場所に関しては3つ候補がありました。

①レオパレスのマンスリー賃貸

②ホテルに1ヶ月宿泊

③Airbnb等の宿泊サイトで探す

 

今は③のAirbnbを利用しています。Airbnbのメリットとしてはまず料金が安く今回は1ヶ月間の宿泊で約10万円です。それに洗濯機がついているなど生活する為の設備が整っている。他人の出入りが少ないことも泊まってみてメリットだなと感じました。

沖縄の中でも那覇がいいのか那覇から離れた場所がいいのかも分からず…色々調べてモノレール沿線だととりあえず過ごしていけるなと思いました。

 

オフィスにhowliveを選んだのは那覇のコワーキングスペースを調べている時にネットで見つけて知りました。細かく見て選定したわけではなく、綺麗で広いなと思ってこちらに決めました。

 

Q.実際にhowliveを利用して率直な感想をお聞かせください。

特に問題はないですね。効率が上がることはないんですけれども、下がることもなく安定して業務を進められています。窓際の席が気持ちよくて外を眺めながら作業ができるのが良いです。

Q.突っ込んだ質問をさせていただきます‥今回のワーケーションにかかる費用はご自身で負担されていますか?それとも会社の経費でしょうか。

今回、オフィスのみ会社の経費で料金を負担しています。といっても全額で17万円ほどです。

住居:10万円

オフィス:5万円(howliveワーケーション1ヵ月プラン)

航空費:往復2万円

 

今後、他の社員がワーケーションをする際も経費で実施していきます。

Q.今回のワーケーション体験をもとに、今後のwithコロナ時代を生きていく中でご自身の働き方や社員さんの働き方に何か影響はありますか?

自分自身遠い土地でリモートワークをするのはとても怖く感じていました!が、沖縄でワーケーションをしてみてその怖さは無くなりました。このワーケーションの仕組みも社員に広めていくつもりです。いつも仕事をしているチームではなくて、新しくチームを組んでチームビルディングなどもしてみたいですね。

 

他には、全員リモートワークで日本中バラバラで働いていても年に1回とかみんなで集まる場所を設ける場合に東京じゃなくてもいいかな値段も高いし‥どこか地方で集まる方が楽しいかも。それこそ沖縄だと東京並みにあらゆる地域発の航空便があるので集まりやすいと思っています。

(テレワークするクマノミ、テレミーが‥食べられっ!!)

たくさんご回答いただきありがとうございました!

 

レンタルオフィスの運営においてもたくさん参考になることがあり、とても貴重なご意見をいただけたと感じております。

ワーケーション完了まであともう少しですね!最後まで快適なワーケーションをご提供できるようhowliveスタッフ一同努めていきます。

 

またこの記事を読んでhowliveでのワーケーションにご興味がある方はお気軽にお問合せください。

シェアオフィスhowliveのお問い合わせはこちら
TEL:098-894-8124 | メール:staff@howlive.jp

howlive会員プラン一覧(PDF)

シェアオフィス・レンタルオフィスやバーチャルオフィスをご検討中ですか?howlive(ハウリブ)は沖縄県で多拠点(那覇市・北中城村)でコワーキングススペースを運営しています。シェアオフィス利用だけでなく、“働くこと”に関するあらゆる情報を発信しています。テレワーク・リモートワーク・在宅ワーク等を組み合わせた柔軟な働き方のご提案・サポートもさせていただきます!オフィス家具・オフィスレイアウト・オフィスリノベーション・コロナ対策のサテライトオフィス、BCP対策としてオフィス分散・オフィスコスト削減・ワーケーション・リゾートワーク・貸しオフィス・貸し会議室・短期間のオフィス利用・・・沖縄でのオフィス・働き方のことならhowliveにお任せください!

【北中城村民 テレワーク支援キャンペーン】howliveライカム店の利用料が1ヵ月間無料に!

howliveライカム店では北中城村民(または勤務地が北中城村)

の方向けにテレワーク推進キャンペーンを実施。1ヵ月間無料で

howliveライカム店のオフィス利用&テレワーク相談の受け入れ。

新型コロナウイルスの第2波第3波に対する、事業の万全な備えはできていますか?
新しい働き方・柔軟な働き方を提案するhowliveでは、情報通信技術を活用した場所や時間にとらわれない働き方をするテレワークを村内事業者向けに導入サポート。テレワーク設備万全のhowliveオフィスで安心してテレワークを試していただき、テレワーク導入のハードルを下げ、不安点や課題点を共に解決していくテレワーク支援を行っていきます。

 

本キャンペーンは個人様・法人企業様に限らず、現在の皆さまの働き方や理想のワークライフバランスに合わせて様々にご活用していただけます。

例えばこんな使い方も!💡

  • 会社でテレワークを取り入れたいけど、カフェ等の場所だとセキュリティ面が心配だからhowliveへ
  • 在宅勤務にしたい社員がいるけどネット環境が不安定だから家の近くのhowliveを使わせたい
  • コロナのリスクヘッジの為にオフィスを分散させたい
  • サービス業で店舗の中に事務作業をする場所がなく、店舗付近で作業スペースを確保したい
  • 仕事上、TV会議ができる個室・高セキュリティで安定したネット環境が必要
  • オンラインセミナーやオンライン授業を受けられる場所を探している
  • レンタルオフィスに興味があり、お試し利用をしてみたい
  • 普段は自宅で仕事をしているけど気分転換や・集中したい時だけhowliveに
  • 普段は自宅で仕事をしているけど打ち合わせの場所としてhowliveを利用
  • 土日に副業や資格試験の勉強のために快適に作業できるhowliveを利用

など、継続的に毎日フルタイムでの利用から一時的なスポット利用も可能です。

新型コロナウイルス第2波も見越してオフィスを分散させるのは企業としてのリスクヘッジにもなります。
従業員が安心して使えるレンタルオフィスを確保・お試し利用はいかがでしょうか?

北中城村テレワーク支援キャンペーン概要

■内容
北中城村民(または事業所在地が北中城村)の方限定で、コワーキングスペースhowliveライカム店を1ヵ月間無料でご利用いただけます。
テレワークについてのお困りごとやお悩みなどありましたらオフィス利用時にご相談も受付ております。
※オフィス無料利用期間中にテレワークについてのインタビューを実施させていただきます。インタビュー内容をhowliveのHPやSNSに掲載させていただきます。

■キャンペーン適応期間・条件
2020年8月1日~2021年1月末まで。
初回利用日から1ヵ月間オフィス利用料を無料でご利用いただけます。

初回利用時に受付で住所がわかるもの(免許証など)をご提示ください。
会社が北中城村にある場合は会社所在地が分かるもの(名刺など)をご提示ください。

■店舗詳細
コワーキングスペースhowliveライカム店
〒901-2306 沖縄県中頭郡北中城村字ライカム1番地 イオンモール沖縄ライカム5F(駐車場無料)

受付電話番号:098-989-0875
利用可能時間:平日・土日祝  9時~20時まで(年末年始休業/イオンモールライカムの営業日に準ずる)

■本キャンペーンに関するお問合せ
howlive事務局:098-894-8124(平日 9時~18時)/土日・祝日の受付電話番号はこちら:098-989-0875(土日・祝 9時~20時)

シェアオフィスhowliveのお問い合わせはこちら
TEL:098-894-8124 | メール:staff@howlive.jp

howlive会員プラン一覧(PDF)

シェアオフィス・レンタルオフィスやバーチャルオフィスをご検討中ですか?howlive(ハウリブ)は沖縄県で多拠点(那覇市・北中城村)でコワーキングススペースを運営しています。シェアオフィス利用だけでなく、“働くこと”に関するあらゆる情報を発信しています。テレワーク・リモートワーク・在宅ワーク等を組み合わせた柔軟な働き方のご提案・サポートもさせていただきます!オフィス家具・オフィスレイアウト・オフィスリノベーション・コロナ対策のサテライトオフィス、BCP対策としてオフィス分散・オフィスコスト削減・ワーケーション・リゾートワーク・貸しオフィス・貸し会議室・短期間のオフィス利用・・・沖縄でのオフィス・働き方のことならhowliveにお任せください!

howliveファミリーリポート!~アフター6プランで集中できる時間帯の活用方法~

お久しぶりです。

ライカム店より、稲嶺です。

ライカム店もアフター6のファミリーがどんどん増えてきています

前回取材させていいただいた、Mさんの利用方法と違い、

勉強ではなくお仕事スペースとしてご利用されているAさん

速、取材をさせていただきました!

4月からフリーランスとして働かれているAさんは、

集中できる時間帯が午前と夕方とのこと。

まさにアフター6プランにぴったり!

午前中は、ご自宅で作業をされて、お昼に休憩をし、

夕方からライカム店で1日の作業を終わらせるそうです。

Aさんが入居する決め手となったのは、

オーガニックの挽きたてのコーヒーがいつでも飲めること。

もちろん、カフェでも飲むことはできるので、

作業をしたことがあるそうですが、

場所の確保が確実ではないことや、お電話の際に荷物を片づけて席を立ったりすることが、

ずっと続けることが現実的ではないと考え、ライカム店の入居に繋がったそうです。

実際に利用してみて、夕方のイオンモールは静かなこともあり集中して作業もでき、

帰りの際には買い物もできることが気に入っているそうです。

更に、2社の新聞を置いているので、

普段見読めない新聞を読むことも習慣になって、とても嬉しいと話してくださいました。

アフター6プランは、平日の18:00~20:00までと

土日祝祭日は終日利用が可能とおなっておりますので、

ガッツリ作業されたい方にもピッタリのプランとなっております。

取材中は、共感や感動するお話も聞けて、

とても楽しい時間を過ごすことができました。 Aさん、取材を快く受けてくださり、ありがとうございました。

【howlive活用術】テレワークの普及でオフィス縮小移転需要の高まり。シェアオフィスへ移転し家賃の削減も。

新型コロナウイルスの影響によるテレワークの普及でオフィス縮小移転需要の高まり。BCP対策強化でシェアオフィスへ移転&家賃の削減。

 

ウィズコロナ、アフターコロナ時代の安心・安全な働き方について考えてみませんか?

コロナ渦の影響により、オフィスの真のニーズはどうなったでしょうか。必ずしも全員が同じ場所に出社し対面でのやりとりがマストだったでしょうか。コミュニケーション目線の設計がなく、感染症対策も十分ではない、ただ人をいれるだけの箱ならば必要がないのではないでしょうか。

コロナウイルスが拡大する中、都心の一等地にオフィスを借りたけれども出社人数は減少、しかし家賃は膨大なまま。テレワーク・WEB会議が当たり前になる流れを受けて、企業が求めるオフィスの条件が変わりつつあります。

 

≪今後、経営者が求めるオフィス条件≫

  1. 柔軟に人数の増減に対応できるか
  2. 一等地・駅チカより、低家賃・WEB会議機能を重視
  3. BCP対策としてスモールオフィスを多拠点構え、防災や大規模感染症へのリスクヘッジ
  4. コミュニケーションに重きを置いた設計
    1. 柔軟に人数の増減に対応できるか
      在宅勤務やテレワークが増え、社員の働き方に合わせて人数の増減に柔軟に対応できるオフィスがいいでしょう。
    2. 一等地・駅チカより、低家賃・WEB会議機能を重視
      特にWEB会議が主流になると「駅チカ最高!」という概念がなくなるでしょう。また今回のような予測不能な感染症への対策として、本社と同様の機能を持つオフィスが多拠点あることは大きな強みになります。
    3. スモールオフィスを他拠点構え、防災や大規模感染症へのリスクヘッジ
      ビル内のテナントに感染者が一人でも発生すればオフィスビル全体が封鎖になる場合もあります。事業を継続させるためには最悪の事態を想定し万全の準備をしておくべきです。
    4. コミュニケーションに重きを置いた設計
      コロナ渦で在宅勤務やテレワークを始めた方は「案外テレワークでも仕事できるな!」や「どうしてもコミュニケーション不足が否めない」という思いがあったのではないでしょうか。これから出社するオフィスはただ社員が集まるだけのオフィスではなく、きちんとコミュニケーション設計がされていて「意味のある出社」ができるオフィスが重宝されます。

コロナ終息後はきっと働き方の当たり前が変わっているはず。
時間や場所にこだわっていたけれど、実はもっと柔軟
に働けるんじゃない?とみんなが気付く時代に。

今回のコロナの影響を教訓に今後の事業に活かしていくことが、今できることではないでしょうか。その為にも沖縄県内多拠点で展開するhowliveをどんどん活用していただければ幸いです。howliveはシェアオフィスなので1フロアを他企業様とシェアしながらのご利用ですので従来の1フロアを1社で利用するよりも低コスト。更にテレワークに適した機能的なオフィスの設計、コミュニケーション目線での設計もしているので「意味のある出社」ができる場所になっています。

企業のテレワーク支援のために、howliveライカム店限定で1ヶ月利用料金が無料になるテレワークキャンペーンを実施しています。

 

 

北中城村テレワーク支援キャンペーン概要

■内容■
北中城村民(または事業所在地が北中城村)の方限定で、コワーキングスペースhowliveライカム店を1ヵ月間無料でご利用いただけます。
テレワークについてのお困りごとやお悩みなどありましたらオフィス利用時にご相談も受付ております。
※オフィス無料利用期間中にテレワークについてのインタビューを実施させていただきます。インタビュー内容をhowliveのHPやSNSに掲載させていただきます。

■キャンペーン適応期間・条件■

2020年8月1日~2021年1月末まで。
初回利用日から1ヵ月間オフィス利用料を無料でご利用いただけます。

初回利用時に受付で住所がわかるもの(免許証など)をご提示ください。
会社が北中城村にある場合は会社所在地が分かるもの(名刺など)をご提示ください。

stay as you are (1)

シェアオフィスhowliveのお問い合わせはこちら
TEL:098-894-8124 | メール:staff@howlive.jp
howlive会員プラン一覧(PDF)

 

シェアオフィス・レンタルオフィスやバーチャルオフィスをご検討中ですか?howlive(ハウリブ)は沖縄県で多拠点(那覇市・北中城村)でコワーキングススペースを運営しています。シェアオフィス利用だけでなく、“働くこと”に関するあらゆる情報を発信しています。テレワーク・リモートワーク・在宅ワーク等を組み合わせた柔軟な働き方のご提案・サポートもさせていただきます!オフィス家具・オフィスレイアウト・オフィスリノベーション・コロナ対策のサテライトオフィス、BCP対策としてオフィス分散・オフィスコスト削減・ワーケーション・リゾートワーク・貸しオフィス・貸し会議室・短期間のオフィス利用・・・沖縄でのオフィス・働き方のことならhowliveにお任せください!

howliveテレワークチャンネル第3弾 7/30開催|申込受付開始【ゲスト:マネーフォワード様】

howliveでは1ヵ月に1度、テレワークに関するノウハウをオンラインで学ぶことが出来る「howliveテレワークチャンネル」というウェビナーを開催しています。

テーマに

●導入ノウハウ/デバイス・セキュリティーサービスの紹介
●テレワーク導入企業の事例紹介
●テレワーク助成金活用解説live
●クラウドシステムの紹介
●WEBコミュニケーション

を掲げて配信しております。

——————————————————-

前回の第2弾の様子はこちら

第3回目の今回は、
クラウドシステムに特化したツールサービスを提供する株式会社マネーフォワード様にご登壇頂き、テレワーク事例ご紹介をしていただきます。

=======================================

ご予約はこちらから👇👇
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScfdoF7jy4ruG2BYjjsOaE-611KlSbz3adn_lbRJJTBjmhX5g/viewform

=======================================

同社は2020年3月からテレワークを導入。
現在は週1の出社でほどんどテレワーク勤務に。
運用をスタートさせてから、出てきた課題に対しどんな対処法を築いたのかのケーススタディをお話し頂きます。

「実際にテレワークを導入してみたけれど、他社はどんな解決法をしているの?」
こんな悩みを抱える経営者や人事・総務の方には運営ヒントが見つかるかもしれません。

第二部では、特別枠を創設して拡大したIT導入補助金活用分野で、どんなクラウドシステムがあるのかをご紹介。導入費用を抑えながら業務のスリム化をご提案致します。

【第一部】
テーマ:「突然始まったテレワーク、マネーフォワード自身の事例を交えながら中小企業への導入ノウハウを徹底解説」

【第二部】
テーマ:「IT導入補助金を利用したテレワークのご提案」

▪️登壇者
株式会社マネーフォワード 九州・沖縄支社 支社長
中村 亮 氏

▪️モデレーター
howlive企画担当 野原 真麻

◉開催日時
7月31日(金)
12:00〜13:00

◉参加費
無料

◉会場
オンライン

=======================================

ご予約はこちらから👇👇
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScfdoF7jy4ruG2BYjjsOaE-611KlSbz3adn_lbRJJTBjmhX5g/viewform

=======================================

◉オンライン受講について

本フォームにて申し込み後、メールアドレスへログインパスワードを通知します。
当日はURLへアクセスし、パスワードを入力することで視聴可能です。

なお今回はzoomというオンライン配信サービスを活用します。
PC、スマホ、タブレット端末で視聴できます。
zoomを初めて使う方は以下を参考にアプリをダウンロードしてください。
事前にダウンロードをして頂けるとスムーズです!
オンライン受講をされる方は、Wi-Fi等の高速通信が可能な環境での受講をお願いたします。

〜アプリのダウンロード〜
◎パソコンの方(ミーティングクライアント)
https://zoom.us/download#client_4meeting
◎iPhone・iPadの方
http://itunes.apple.com/jp/app/zoom-cloud-meetings/id546505307?mt=8
◎Androidの方
https://play.google.com/store/apps/details?id=us.zoom.videomeetings

◉運営
主催:株式会社マッシグラ沖縄タイムス

セミナーレポート📝第2回howliveテレワークチャンネル📺

こんにちは!

howlive企画担当の野原です。

6月24日に開催したhowliveテレワークチャンネルレポート第二弾です!

今回は、県内事業者のテレワーク導入事例とIT導入補助金開設liveの二本立て。

質疑応答の時間では、人事現場でのリアルな質問が飛び交い、深みのあるウェビナーとなりました。

この第一部の内容はこのレポートでご紹介していきたいと思います!

 

わずか2ヶ月で在宅勤務81%を実現したマネジメントとは?

今回ご登壇頂いたのは、クルマ情報『グーネット沖縄』でお馴染みの株式会社プロトソリューション様。

デジタルマーケティング部門執行役員の上間瑠美子(うえま るみこ)様とWebマーケティング部係長人材マネジメント担当の上原大樹(うえはら だいじゅ)様をお迎えして、コロナ自粛期間中にわずか2ヶ月在宅勤務81%を実現したニューノーマルマネジメントについて、運営現場のリアルなお話しを伺いました。

1日で立ち上げたプロジェクトチーム〜最優先事項を明確化〜

新型コロナウィルスにより、まず最優先のミッションとして掲げたのが2つ。

1、社員の安全を守る

2、業務を止めずに遂行する

全9部署の責任者・社内インフラ担当・総務の臨時プロジェクトチームを即日結成。

役員と社員が同じミッションを持ち、緊急事態下でマネジメントオペレーションがスムーズだった背景には、日頃から培われてきたチームとしての信頼関係や社風が基盤となった結束力がありました。

就業規則を変え諸手当を出すという判断は敢えてせず、まずは優先順位を明確化して要所を対応するというオペレーション。

デバイスの貸し出しや在宅でのネットワーク環境ではVPNを活用したセキュリティ環境を整えること、労務管理マネジメントを工夫するなどを上位課題事項に。

 

在宅勤務での『困った!』をサポートする体制作りと信頼をベースにした労務管理

質問でも上がった、労務管理のマネジメント。

必要な会議はグーグルハングアウトを活用、コミュニケーションには、スラックを。

在宅勤務中の労務管理として、人材マネジメント担当の上原さんは、管理をする目的で社員とネットワーク回線を繋ぐのではなく、困った時には、いつでも相談に乗れるマネージャーがいるという安心感を感じる環境にしたいと、回線を繋ぐか繋がないかは社員の意思に任せていたそう。

働いている状況を管理職が監視するようなことは敢えてしない、社員の気持ちを第一にしたマネジメントを重視されていました。

在宅勤務で仕事をする上で、ハードルとなるのが、デバイスややネット環境の整備。暮らしがメインとなる「家」で、「働く場所」としての環境整備課題に対し、プロトソリューションではインフラチームが大活躍!

「ネットがつながらない」

「PCが動かない!」などのみんなの困ったをスピーディーに解決するためのフリーコールセポートセンターを開設し、このチームが会社の縁の下の力持ちとなりました。

 

アフターコロナで柔軟な働き方を推奨する「Work from Home」のガイドラインづくり

現在では、在宅勤務から通常モードの勤務形態に変わりつつあるとのことですが、これを機会に柔軟な働き方をガイドラインを策定し、継続導入することに。

特に妊婦さんや子育て中の方、通勤に時間がかかる方など一定の基準を満たした方を対象に柔軟な働き方ができる環境整備を進めています。

背景には、コロナ自粛期間中での在宅勤務でも残業時間減、生産性がアップするという結果が数字面でも確認できたことがありました。開発や制作等の仕事は集中できる場所で作業をし、コミュニケーションが重要となる会議や打ち合わせでは会社でというように仕事の目的に合わせて働く環境を変えてみるとメリハリが出来て作業効率が上がるとのこと。

働き方や働き場所はマネジメント工夫で柔軟な対応ができるものという視点に変わったということが、この在宅勤務の導入をした成果となりました。

 

事業者の業種によって課題はそれぞれですが、アフターコロナ、ウィズコロナ時代の中で、新しい働き方を考える上でも、各自が社内のニューノーマルマネジメントを構築する価値があると感じた回となりました。

 

 

第二部:沖縄総合事務局の屋嘉比様よりIT導補助金の解説LIVE

これまでの補助金活用の範囲にプラスして今回のIT導入補助金のポイントは、

・交付申請期間を拡大 〜2020年12月下旬(予定)までとし、複数回の締切を設け交付決定を行う〜

・申請要件に「賃上げ要件」が追加され、達の場合は補助金返還(類型によって異なる)

・全申請者に対しGビスIDの取得を要件

・通常枠に加え、「特別枠(C類型)」を創設

特に、テレワーク導入においては、デバイスレンタル料がこの補助金で活用できることも今回のLIVEでは取り上げています。

実際に、在宅勤務やテレワークをする上で必須となるデバイス。事業者にとっては、大きなコストにもなるので、是非詳細をみて活用の余地がないかご確認頂けたらと思います。

 

詳細は、コチラの動画より▼▼▼

(前回のテレワークチャンネルコンテンツがこちらから視聴頂けます。)

https://us02web.zoom.us/rec/share/588lc5T_03JOYY2Q6GeOGf8kAdu-aaa81iJM-PEIzEkuB5grAC36D4z36zPqDR7_?startTime=1592967319000

 

 

最後に・・・

今回のウェビナーで取り入れたちょっとした双方向コミュニケーションポイント!

後半の質疑応答タイムは、チャットで受け付けた質問に答えるだけでなく、ウェビナーの機能にある「投票」を活用して、登壇者側からの質問も。

視聴いただいた事業者のみなさまがどのくらいテレワークを導入されているのかの質問の様子がコチラ。

やはり、みなさま関心度が高いテーマだったことが伺えます。

 

次回のテレワークチャンネルは、7月後半を予定しています!日程詳細がきまりましたらまた告知させていただきたいと思います。

 


シェアオフィスhowliveのお問い合わせはこちら
TEL:098-894-8124 | メール:staff@howlive.jp

ライブラリエリアにはビジネス書やデザインブックを完備。企画や広報アイデアを練ったりするにもピッタリの空間

シェアオフィス・レンタルオフィスやバーチャルオフィスをご検討中ですか?howlive(ハウリブ)は沖縄県で多拠点(那覇市・北中城村)でコワーキングススペースを運営しています。シェアオフィス利用だけでなく、“働くこと”に関するあらゆる情報を発信しています。テレワーク・リモートワーク・在宅ワーク等を組み合わせた柔軟な働き方のご提案・サポートもさせていただきます!オフィス家具・オフィスレイアウト・オフィスリノベーション・コロナ対策のサテライトオフィス、BCP対策としてオフィス分散・オフィスコスト削減・ワーケーション・リゾートワーク・貸しオフィス・貸し会議室・短期間のオフィス利用・・・沖縄でのオフィス・働き方のことならhowliveにお任せください!

オンライン相談&内覧会受付中!オフィス家賃の削減やテレワークの相談などもお気軽にどうぞ。

オンラインで≪ オフィス最適化シミュレーション ≫ 受付開始!
オフィス縮小移転やオフィス家賃削減、オフィスレイアウトなど…テレワークやリモートワークについてもご相談承ります。

ただ今レンタルオフィス/シェアオフィスhowliveでは沖縄県内外の企業様から、コロナ渦の影響によりオフィス縮小移転・サテライトオフィスのご相談が多く寄せられています。

今後のオフィス運営を考える重要テーマの一つに、多様な働き方を実現しながらいかにコストを最適化するか、という点があります。

「全従業員に固定席を確保」という従来のオフィス運用から、リモートワークの導入や必要なときに必要な人が出社して席を使う「席数の最適化」などの柔軟なオフィス運用に切り替えることで、オフィスにかかる費用を大幅に見直すことができます。

場合によっては年間で60万円~500万円ものコスト削減になる可能性があります。

そこで、howliveではオンラインでご相談可能な ≪ オフィス最適化シミュレーション ≫ を受付開始。相談会では、実際に皆様のオフィス費用を如何に最適化するか?をシミュレーション致します。是非お気軽にご参加ください。 

また、今後howliveではテレワーク支援の一環として、リモートワークに欠かせないパソコン等デバイスの貸し出しの準備を進めております。オフィス利用だけでなく、働き方やテレワーク全般の相談も承っております。どうぞお気軽にご相談ください。

NEW PLAN
短期滞在プラン&アフター6プラン登場

 howliveではみなさまにより快適にご利用いただく為に新たに2つのプランをリリースしました!

それに伴い、オフィスの縮小移転やオフィスコストの相談などができる【howliveオンライン相談会】もスタート!

NEWプラン① ワーケーションプラン

💡ワーケーションとは…?
WORK+VACATION
ワーク+バケーションの造語。 仕事でなかなか遠方に出かけれらない人が休暇をとりながらリモートで仕事を実施すること。

ワーケーションプランは沖縄出張の際や、長期休暇で沖縄にお越しの際に仕事をできる場所も確保しておきたい!という方向けのプランです!

期間は【 1ヶ月 or 2週間 】どちらかお選びいただけます。延長も可能です。ワーケーション利用にもピッタリのプランです!

●2weekプラン:¥30,000
●1monthプラン:¥50,000
 初期費用不要
 解約費不要
 タイムス店orライカム店どちらかお選びください

NEWプラン② アフター6プラン(ライカム店のみ)

ライカム店の平日18時以降&土日終日利用が出来るプラン。
レンタルオフィスやシェアオフィスと聞くと「みんな仕事をしに来ている」と思ってしまいがちですがそんなことはありません!
副業を頑張りたい方や、資格の勉強をしたい方にもピッタリ。平日は仕事でなかなか時間を作れない…という方も、土日にガッツリご利用いただけるプランになっているのでご安心ください😊
 
月額¥10,000
とってもお得にライカム店をご利用いただけます。
書籍も多数ご用意していますので勉強の息抜きもしていただけますよ♪
 
実際にアフター6プランご利用者の声は👉こちらから

 

シェアオフィスhowliveのお問い合わせはこちら
TEL:098-894-8124 | メール:staff@howlive.jp

シェアオフィス・レンタルオフィスやバーチャルオフィスをご検討中ですか?howlive(ハウリブ)は沖縄県で多拠点(那覇市・北中城村)でコワーキングススペースを運営しています。シェアオフィス利用だけでなく、“働くこと”に関するあらゆる情報を発信しています。テレワーク・リモートワーク・在宅ワーク等を組み合わせた柔軟な働き方のご提案・サポートもさせていただきます!オフィス家具・オフィスレイアウト・オフィスリノベーション・コロナ対策のサテライトオフィス、BCP対策としてオフィス分散・オフィスコスト削減・ワーケーション・リゾートワーク・貸しオフィス・貸し会議室・短期間のオフィス利用・・・沖縄でのオフィス・働き方のことならhowliveにお任せください!

howliveファミリーリポート!~アフター6プランで仕事後の資格勉強~

 

こんにちは、ライカム店の稲嶺です。

レンタルオフィス・コワーキングスペースって仕事以外で利用してもいいの?

という疑問を解決できるような取材をhowliveファミリーである、Mさんにさせていただきました。

最近できた新プランの「アフター6プラン」を契約中のMさんは仕事柄、

看護師ということもあり自己学習なしではついていけないそうです。

でも自宅だと、モチベーションも続かない・・・だからといって、嫌々やりたくもない。と悩んでいたところ、howliveの新プランを聞きつけ即契約を決めたそうです。

決め手は、明るくて広々とした雰囲気とのことですが、実際に使ってみて広いスペースだからこそできる、気分に合わせて場所を選べるところが気に入っているそうです。

気分を変えられることが、飽きずに続けることに繋がり、勉強の習慣付けになったとのことです。

人気のカフェでは場所は選べないし、移動もできなければ座れることも車を停められる保証もない…!

 

その悩みはhowliveライカム店のアフター6プランが解決いたします。

Mさんの様に、仕事で必要な自己学習だけではなく試験に向けて有効活用できる

アフター6プランは月額1万円で

howliveライカム店の【平日18:00~20:00まで】と、【週末は終日】ご利用できるプラン

になっているので、仕事終わりにちょこっと勉強したい方や、土日でがっつりご利用されたい方にもってこいのプランとなっております。

Mさん、楽しく取材させていただきありがとうございました☺

 

アフター6プランについて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⇩内覧のご予約はこちら

お問い合わせ・内覧予約フォーム


シェアオフィスhowliveのお問い合わせはこちら
TEL:098-894-8124 | メール:staff@howlive.jp

ライブラリエリアにはビジネス書やデザインブックを完備。企画や広報アイデアを練ったりするにもピッタリの空間

シェアオフィス・レンタルオフィスやバーチャルオフィスをご検討中ですか?howlive(ハウリブ)は沖縄県で多拠点(那覇市・北中城村)でコワーキングススペースを運営しています。シェアオフィス利用だけでなく、“働くこと”に関するあらゆる情報を発信しています。テレワーク・リモートワーク・在宅ワーク等を組み合わせた柔軟な働き方のご提案・サポートもさせていただきます!オフィス家具・オフィスレイアウト・オフィスリノベーション・コロナ対策のサテライトオフィス、BCP対策としてオフィス分散・オフィスコスト削減・ワーケーション・リゾートワーク・貸しオフィス・貸し会議室・短期間のオフィス利用・・・沖縄でのオフィス・働き方のことならhowliveにお任せください!

howliveテレワークチャンネル📺ウェビナー第2弾:在宅勤務のニューノーマルマネジメント&内閣府担当者による補助金解説ライブ!

沖縄でテレワーク・リモートワークの導入支援を行っているコワーキングスペース/レンタルオフィスのhowliveによるWEBセミナー「howliveテレワークチャンネル」第2弾について

前回、好評に終わったhowliveオリジナルWEBセミナーの「howliveテレワークチャンネル」、第2弾の開催概要が決定いたしました!

\6/24(水)12:00~13:00 参加費無料/

今回も豪華な2部構成になっております✨

第1部は株式会社プロトソリューション様から、
デジタルマーケティング部門 上間 瑠美子氏とWEBマーケティング部門 上原大樹 氏による

「ニューノーマルマネジメント」~在宅勤務を成功に導いたマネジメント実例~

株式会社プロトソリューションは生産人口の減少問題をデータとAIで解決する会社であり、事業領域としてデジタルマーケティング事業、ITインテグレーション事業、ユーザメディア事業、コミュニケーションサポート事業、人材支援事業があります。

新型コロナウイルスの影響により在宅ワークを導入。2カ月という驚異のスピードで、在宅勤務率81%を実現した、ニューノーマルマネジメント方法をお伝えします!

第2部は内閣府 沖縄総合事務局から経済産業部 商務通商課の屋嘉比 康希氏による

テレワーク導入に活用できる「IT導入補助金」について解説

実際に内閣府沖縄総合事務局の方による補助金の活用方法や応募の方法などレクチャーを受けることができます。
補助金について難しそうだな…と感じた方や、気になっていたから詳しく聞いてみたい方にぜひご参加いただきたい内容です。

👉👉howliveテレワークチャンネルへのお申込みはこちら👈👈

お昼ご飯を食べながらでも、お気軽にご参加ください♪
また会社内から複数名でのご参加も大歓迎です!

疑問点などはチャットにて随時受け付けますのでご安心ください。
皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

 


シェアオフィス・レンタルオフィスhowliveへのお問い合わせはこちら

TEL:098-894-8124
メール:staff@howlive.jp

会員プラン一覧 | 内覧ご予約

シェアオフィス・レンタルオフィスやバーチャルオフィスをご検討中ですか?howlive(ハウリブ)は沖縄県で多拠点(那覇市・北中城村)でコワーキングススペースを運営しています。シェアオフィス利用だけでなく、“働くこと”に関するあらゆる情報を発信しています。テレワーク・リモートワーク・在宅ワーク等を組み合わせた柔軟な働き方のご提案・サポートもさせていただきます!オフィス家具・オフィスレイアウト・オフィスリノベーション・コロナ対策のサテライトオフィス、BCP対策としてオフィス分散・オフィスコスト削減・ワーケーション・リゾートワーク・貸しオフィス・貸し会議室・短期間のオフィス利用・・・沖縄でのオフィス・働き方のことならhowliveにお任せください!