宮古島ワーケション検討者必見❗実際に宮古島でワーケーションした方々のスケジュールを大公開✨

2021/10/18

トピック宮古島店

突き刺すような日差しも和らぎ、やっと涼しくなってきた沖縄・宮古島。

 

本日2021年10月18日の気温は26度。
少し肌寒い気もして…長袖を出そうか悩むお天気です。

 

さてこんな心地よい気候になってきたからか、howlive宮古島にワーケーションに訪れる方も増えてきました。今回は宮古島や沖縄でワーケーションをしてみようかな、でもどう過ごそうかなとお悩みのあなたに過去のワーケーション体験者の1日のスケジュールや滞在の流れを紹介してきます。ぜひこの記事を読んで宮古島ワーケーションを有意義なものにしてください。

 

howliveを運営する株式会社マッシグラ沖縄タイムスでは去年、宮古島市と連携をして「ハタケーションリレー」という畑×ワーケーションを1週間ごとに様々なエリアから来た方に体験してもらう企画を行いました。その企画に参加してくださった皆さんの宮古島での過ごし方をご紹介します。観光だけでなく島の人の暮らしに溶け込んでみたいという方にもぴったりなものになっています。

 

全6名の方にご参加いただきましたが、今回はその中から2名のスケジュールを特別にお見せします✨

まずは1人目

 

株式会社マックスレーベルの女性編集者さん。

 

1週間のスケジュールはこちら

 

平日に畑作業とテレワークを混ぜるMIXスタイル。

滞在時のSNS投稿の様子

 

天候にも恵まれ、11月でしたがビニールハウス内での灼熱具合にビックリしていたことが印象的です。
島の方々はあまり暑くない早朝の時間帯や夕方に畑作業をするそうです。
これも島暮らしのコツですね!

 

沖縄料理体験の様子もInstagramにあげてくれています。

 

島の方々に教えてもらい名が島の食材を調理!
とても贅沢な時間が流れていました。

 

最後は島の方々と一緒に作った料理を食べています。美味しそう…!

 

それでは2人目

クラスメソッド株式会社 取締役の男性

1週間のスケジュールがこちら

 

こちらの方は、平日は終日WEB会議!土日に宮古島観光や島の体験アクティビティを楽しむというメリハリのあるスケジュールでした。
それでも平日の朝は日の出と共に朝ランをするというすごくアクティブな方でした!
朝ランの写真もInstagramにあがっているのでぜひご覧ください。

 

野菜のお手入れ体験ではゴーヤの受粉作業などの手作業を1つ1つ体験していただきました。

 

その時のSNS投稿がこちら

 

野菜のお手入れでお世話になった島の農家さんとも一緒に📷

 

 

島の食材をたくさん買って毎日自炊(晩酌)をしている様子がとても印象的でした🤭

 

 

このように、宮古島でのローカルな暮らし・畑仕事を体験しつつテレワークも行っていただきました。
満足度も高くほとんどの方がまた宮古島でワーケーションをしたいとのアンケート結果でした。

 

宮古島と言えば海!リゾート!のイメージが先行するかもしれませんが、howliveを運営するマッシグラ沖縄タイムスでは今回の様に島の方々と触れ合い島のことを教えていただき、島の暮らしに馴染むような滞在をおすすめしています。また来るきっかけが「あの時の○○さんに会いたい!」と思ってもらったり都会に戻ってからも島の食材や島料理を思い出してもらえるように。

 

去年のワーケーション企画時にはhowlive宮古島店はまだ建設中でしたが、2021年に無事にオープンしまして会員数も増えてきています。

 

ぜひ今後のワーケーションで宮古島を訪れる際にはhowlive宮古島もご活用ください。
テレワークに最適な設備、WEB会議用の会議室も揃えております。

 

個人ワーケーションはもちろん、企業単位のワーケーションも受け入れ実績があります。

 

アイランデクス株式会社様(https://islandex.co.jp/

 

ぜひお気軽にご相談ください!

内覧申込・お問い合わせ

Related Workplace

Miyako Island

宮古島店

オフィス物件が希少な宮古島地域の本格的リモートワーク/ワーケーション施設。 宮古島の中心地で、サテライトオフィス、ワーケーションに。銀行との連携で企業進出、創業にも最適です。

宮古島店詳細