fbpx

ご入居者様インタビュー vol.2

『how live? 私が選んだ働き方』

入居者インタビュー vol.2 山城咲乃さん

キモノバナ沖縄(アンティーク・リサイクル着物ショップ)

コワーキングスペースhowliveは現在、那覇市久茂地にあるタイムスビル店と北中城にあるライカム店の2店舗を運営しています。ご入居されている方々がどんな働き方を選んだのか、インタビューをしていきます。

vol.2 山城咲乃さん

キモノバナ沖縄 オーナー

 

_仕事内容について

 沖縄県宜野湾市・ぎのわんヒルズ通り(旧普天間でいご通り)近くにある、沖縄の外人住宅を改装したアンティーク・リサイクル着物店を運営。「胸がときめく、ふだんのキモノ」をコンセプトに、日常的な衣服の一つとしての着物姿を提案。大正から昭和初期にかけて作られた大胆でヴィヴィッドなアンティーク着物を中心に、キッチュでレトロな昭和中期~のリサイクル着物や帯、和装小物などを販売。

 

_コワーキングスペースを使うことになったきっかけと、その中でもなぜhowliveを?

 知人の紹介でhowliveを知り、全店舗利用できるプランで入居しました。以前は店舗内の台所の隅っこで事務作業をしていて、お客様対応も入らないといけなかったり中々まとまった時間集中することができず、店舗対応と事務作業を分ける為のオフィスを探していたんです。

また店舗に椅子を置いてお客様とお話しもしていたのですがきちんと打ち合わせできる場所も必要でした。そして駐車場が無料…!外国の方にも分かりやすい立地もポイントでした。キモノに興味のある外国の方は増えていますので。

 

 

_howliveご入居前後で働き方の変化はありましたか?

立地の良さや駐車場完備の点でお客様をオフィスに呼びやすくなり人との繋がりが作りやすくなりました!人と会う機会がグンと増えましたね。あと、お休みの日にライカムに子どもを連れて来ることが多いので主人と子どもが映画を見ている間に自分は仕事をしに行ったり…(笑)働く場所と子どもが遊べる場所が一体になっているのもワーキングマザーにはすっごく有難いです!

店舗ではスタッフが成長しましたね!!自分がhowliveにいるので、お客様からの電話対応など自らで色々考え動けるようになっていました。任せられる仕事が増えて効率化できるようになりました。自分がいなくても仕事が回るようになったことは結果とてもよかったと思っています。

あとはプリンター!店舗に設置するポスターを自作し、howliveで出力して持って行きます。店舗のプリンターだとA4サイズまでで印字も普通なのでA3で綺麗にプリントできるのは助かっています! 

他のライカムご入居者さまと同時インタビュー!

_今後チャレンジしたいことは何ですか?

 着物を普段着で着てもらえるように広めていきたいです。沖縄は染色の宝庫なので!着物を着る人が増えたら、自然と沖縄の伝統的な染織のものも欲しくなるはず。その為に気軽にレンタルできたり店舗を増やすようにしています。直近では嘉手納店舗のオープンが決まり毎日バタバタです!

—–

話の節々から着物への愛、店舗への愛、従業員や家族への愛を感じました。働くお母さんとしてもイキイキ活動している姿が毎日印象的です。そんなキモノバナさんの情報はこちらをチェックしてみてください♪

HP / Instagram / Facebook

 

今回インタビューをした山城さんが選んだワークプレイスは、howliveライカム店・タイムス店

ご入居者様インタビュー vol.1

『how live? 私が選んだ働き方』

入居者インタビュー vol.1仲眞秀哉さん

旭イノベーション株式会社(WEBコンテンツマーケテイング)

コワーキングスペースhowliveは現在、那覇市久茂地にあるタイムスビル店と北中城にあるライカム店の2店舗を運営しています。ご入居されている方々がどんな働き方を選んだのか、インタビューをしていきます。

vol.1 仲眞秀哉さん

旭イノベーション株式会社 代表取締役社長
沖縄県出身。前職はカナダ勤務。帰国後フリーランスで活動していたWEBコンテンツマーケティングの仕事が軌道に乗り今年6月から法人化。

 

_どういったお仕事をされていますか?

 ウェブで集客するマーケティング事業を行っています。例えば就職業界であれば、転職エージェントさん、美容業界であればエステショップさん等に、ウェブを使ってお客様を集める方法を一緒に考えます。集客といえばチラシや新聞がまず思い浮かびますが、中でもインターネットやSNSを使った集客をしています。自分で運営するホームページやブログなどを通じてサービスや商品の紹介をして、売上に応じて収益が入る仕組みです。

 

_howliveご入居前はどんな働き方をしていましたか?

 大学卒業後、カナダで働きました。カナダでは一般の留学サポートに加えて、目の不自由な方の留学支援や日本の不登校・ひきこもりの方の回復プログラムを行う企業に5年間勤務。東京支社では統括マネージャーに任命されました。当時、英語が得意だったわけではなく、語学学校に通いながらビジネス英語が通用するところまで勉強しましたね。その後、沖縄に戻り元々の夢であった教員になったあと、やはり「カナダと日本・沖縄それぞれの教育の良いところを組み合わせた教育システムを作りたい」と独立しました。今の仕事はその教育システムを作る前の基盤作りのための事業で、ノートパソコンがあれば仕事ができるので、はじめは自宅で作業をしたり、ライカムのフードコートやカフェを巡って仕事をしていました。

 

_コワーキングスペースを使うことになったきっかけと、その中でもなぜhowliveを?

 カフェは混むと車が停められず移動しないといけないし話し声も気になる。効率性を考えて環境のいい場所を探していたらライカム店がオープンしたんです。
 そもそもライカム店は北中城役場の知り合いが紹介してくれました。以前にもTVで金子社長が那覇に1店舗目オープンの告知をしているのを見て知ってはいました。でも那覇は遠いし他のコワーキングスペースよりhowliveは料金が高かった。けれども僕は「集まる人」を重視していたので、どうせお金を払うなら「最前線で働く人たち」が集まると思ったhowliveに決めました。他にもライカム店とタイムス店との交流会やセミナーが開かれると聞き、「人との交流」を大事にしていると思い選びましたね。

 また、北中城のコーヒーを使ったり地元の繋がりを大事にしている印象があったんです。今、どこの誰とでも繋がれる時代にあえて地域のものを使う。ここには同じ思いを持つ人が集まるのではと思いました。


(ライカム店で提供するコーヒーは北中城にある安座間珈琲から取り寄せています。)

_ワークライフバランスはどうですか?

 教員時代は勤務時間が決まっていて部活も見ていましたのでどうしても長い時間働いていました。前職のカナダは海外というのもありワークライフバランスを重視する会社でした。不登校の学生をアウトドアに連れていき遊びの要素を取り入れた授業もしていましたよ。その頃から決まった時間・場所で働き、本当にパフォーマンスは上がるのか?と感じていましたね。

 今は子どもが夜泣きのときは自分が面倒を見て、朝ゆっくり起きて午後から出勤をしたり。子ども・家族との時間を中心に仕事をしています。その為にも、あえて仕事の時間を決めず「作業の量」だけ決めているんです。1年や1カ月単位でやることを決め、目指す作業量が終了したら後の時間は何に使ってもOK。仕事の山場を超えたらhowliveの向かいのフィットネスクラブでボルダリングもしています。仕事の合間に気分転換で体を動かせる場所があるのはいいですね。

_今後チャレンジしたいことは何ですか?

 仕事ですね。教育事業の中でも障がい者支援。カナダでは目の見えない人の留学支援や就職支援をしていましたが発達障がいの方の働き口が少なく、あったとしても低賃金。そういう人たちが慈善事業ではなくちゃんとお金を生み出せる就労環境を作りたいです。今後この目標を実現させるためにも、現在のweb集客マーケティングの事業拡大に力をいれていきます。

—–

まさに自分の生き方を選ぶように働き方も選んでいる仲眞さん。howliveに入居して約3ヵ月、積極的にイベントにも参加しhowliveで出会う人との交流を楽しんでいる。これから更にどんな出会いがあるのか楽しみにしているそう。

 

今回インタビューをした仲眞さんが選んだワークプレイスは、howliveライカム店。